【画像満載】矢田亜希子、全盛期の若い頃がかわいい!現在は昔より劣化してる?

女優

出典:クランクイン!

 

かつて、2000年代前半、女優として一世を風靡した矢田亜希子さん。まさに「女優と言えば、矢田亜希子」というくらい、絶大な人気を誇っていました。

 

その人気ぶりは、現在で言うところの、石原さとみさんや新垣結衣さんと同等か、むしろそれ以上のものでした。そのくらい矢田さんの全盛期は凄まじかったです。

 

そんな矢田さんも、2018年12月には40歳を迎え、40代の女性として人生を生きています。世間では「劣化したのではないか」とも言われていますが、はたしてそうなのでしょうか。

 

昔の画像をふんだんに盛り込んで、矢田さんの「今と昔」を見比べてみましょう。

 

矢田亜希子の若い頃を振り返る!制服姿がかわいすぎ!

出典:数学の別解は最低3つ下さい

 

上の画像は、1997年の映画『ときめきメモリアル』のときのものです。

 

矢田亜希子さんは左から二人目ですが、もうこの頃から、かわいいですね!

 

AKA
AKA

かわいいでちゅ

 

いや~、ほんとうにかわいいですね。みとれてしまいます。

 

ほかにも、ツイッターを検索していたら、『ときメモ』時代の矢田さんの写真を発見しました(矢田さんは右、左は山口紗弥加さん)。

 

 

矢田さんは、デビュー当時から連続ドラマのレギュラー役として出演を続けており、「最初からトップ女優だった」という声もあります。

 

早速、当時のドラマを振り返りながら、矢田さんの若い頃の画像を確認していきましょう!

 

最初からトップ女優だった!見ればわかる

 

上の画像は、矢田さんが高校生のときのものだそうです。ご本人の公式ブログに掲載されている写真ですが、ご本人いわく「16歳」のときの写真とのこと。

 

 

見ればわかりますが、意味わからんくらいかわいいですね!

 

 

このルックスなら、最初からトップ女優だったという話も、ものすごく深いところまで納得することができます!

 

なんなんでしょうな。

 

AKA
AKA

なんなんでちょうね

 

ちなみに、矢田さんのデビューは、中学2年生の時、母親と原宿で買い物をしていたところをスカウトされたことがきっかけのようです。

 

中学2年生の時となると14歳の時ですね! 矢田さんの誕生日が「1978年12月23日」ですから、スカウトされたのは1992年ごろということになります。

 

デビューは、1995年のドラマ『愛していると言ってくれ』ですね。

 

出典:マリモッコリのブログ

 

こちらの画像が『愛していると言ってくれ』のときのものです。まだデビュー当時ですので、若干、垢ぬけてない感じがして、初々しさを感じます。

 

矢田亜希子の全盛期を画像でチェック!2000年代前半を振り返る

出典:黄昏爺の本棚

 

矢田亜希子さんはデビュー後、2000年の映画『クロスファイア』で映画初主演、2002年のドラマ 『マイリトルシェフ』で連続ドラマ初主演を果たし、スターダムを登りつめていきました。

 

しかし2006年、押尾学さんとの結婚により人気が下降、現在に至るという感じです。そう振り返ると、矢田さんの全盛期は2000年から2006年までと言うことができそうですね。

 

全盛期の矢田さんの軌跡を画像で振り返ってみましょう!

 

ドラマ『やまとなでしこ』(2000年)

 

言わずと知れた、フジテレビの「月9」ドラマですね!

 

主演は松嶋菜々子さんでしたが、矢田さんも塩田若葉を好演し、平均視聴率26%超、最高視聴率34%超を達成したラブコメディとなりました。

 

ちなみに、この作品は、恋愛ドラマとしては「月9」ドラマの中で最後の視聴率30%達成ドラマです。

 

AKA
AKA

そういえば、最近「月9」という響きも聞かなくなりまちたね

 

そう言われれば、そうかもしれませんね。

 

後に紹介する『ラストクリスマス』もそうですが、矢田さんは「月9」黄金時代に大活躍した女優さんでもありますね。

 

ドラマ『僕の生きる道』(2003年)

出典:人気ドラマ YouTube動画とTwitterまとめ

 

 

『僕の生きる道』も、「月9」ではありませんが、フジテレビ系のドラマでした。

 

エンディングが、SMAPの「世界に一つだけの花」ということもあり、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

 

ドラマ『ラストクリスマス』(2004年)

出典:いまよりちょっと、いい自分

出典:いまよりちょっと、いい自分

 

こちらも「月9」ドラマでしたね。

 

2004年当時は、ドラマと言えば「月9」、女優と言えば「矢田亜希子」と言っても過言ではなかったくらい、矢田さんも「月9」も人気絶頂でした。

 

ちなみに、矢田さんと織田裕二さんは2018年11月に、14年ぶりに共演しています。織田さん主演の月9ドラマ『SUITS/スーツ』の第8話に、矢田さんがゲスト出演するというものです(下は、そのときの画像)。

 

出典:エンタメRBB

 

織田さんが主演なのに対して、矢田さんはゲスト出演ということで、少しさびしさも感じますが、『ラストクリスマス』をリアルタイムで見ていた世代にとって、矢田さんの復活は素直に喜べるものがあります。

 

ドラマ『トップキャスター』(2006年)

 

こちらも「月9」ドラマですね。矢田さんは、どうもフジテレビのドラマと相性がいいような気がします。

 

そして、このドラマを最後に約3年間、矢田さんは表舞台から姿を消してしまうのです。もちろん、テレビで見なくなった3年間は、結婚期間と重なっています。

 

AKA
AKA

こうしてみると、ほんとうにもったいないでちゅね

 

ほんとうにもったいないと思います。ですが、それが矢田さんの全盛期の魅力を引き立てているのかもしれません。

 

結婚については、当然かもしれませんが、事務所をはじめとする周囲は猛反対したそうです。

 

それでも、矢田さんは結婚を強く希望して、結婚に踏み切ったようですので、当時は固い意志があったんだと思います。

 

良いか悪いかは別として、この意志の強さは、女優魂を感じさせるエピソードだと思っています。「世界中を敵に回しても、添い遂げたい人がいる」という気迫を感じますよね。

 

結末は離婚という形にはなりましたが、「恋愛というのは、こうやってやるものだ」というお手本を見せてくれた、と解釈できるかもしれません。

 

AKA
AKA

結局、人を好きになるということは「大成功」か「大失敗」かの、どちらかしかないんでちゅね

 

身を焦がすような恋は、女優にとっての必須栄養素なのかもしれません。

 

矢田亜希子が劣化してる!?現在の画像で検証してみた

出典:芸能ニュース 知っトク情報

 

周囲の猛反対を押し切って強行した結婚でしたが、結末は不幸な形で終わりを迎えました。

 

現在の矢田亜希子さんは芸能界に復帰し、かつての輝きを完全に取り戻せたとは言い難いですが、活躍の場を着実に広げています。

 

そんな矢田さんですが、インスタグラムの公式アカウントがありますので、矢田さんの現在の姿を確認してみましょう。

 

劣化と言えるほど劣化してない!美魔女というより、ただの美女!

 

AKA
AKA

普通に美女でちゅね

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢田亜希子(Akiko Yada)(@akiko_yada)がシェアした投稿

 

AKA
AKA

普通に美女でちゅね

 

 

AKA
AKA

普通に美女でちゅね

 

いかがでしたでしょうか。

 

「普通に美女」でしたね。

 

ネット上では、矢田さんのことを「美魔女」と呼んでいる人もいましたが、これらの写真を見る限り、ただの「美女」ですね。

 

なんなんでしょうな。

 

AKA
AKA

なんなんでちょうかね

 

とはいえ、これらの写真は、いずれもご本人のインスタに投稿されているものですので、多少なりとも「盛られてる」可能性はあります

 

ですが、仮に盛られていたとしても、全然「美女」なレベルだと思います。ひょっとしたら、「美魔女」扱いするには、あと10年かかるかもしれませんね。

 

まとめ

 

さすがに全盛期の輝きを完全に取り戻せた、とまでは言えませんが、今もなお十分に表舞台で活躍されている矢田亜希子さん。

 

2019年4月からは「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」にレギュラー出演するなど、女優だけではなく、バラエティにも出演するようになっています。

 

今後、これまで明らかにされてなかった一面をのぞけるかもしれません。これからの活躍に期待しつつ、今回の内容をまとめてみましょう。

 

  • 矢田亜希子はデビュー当時から、かわいかった
  • 特に、16歳の制服姿がめちゃかわいかった
  • 矢田亜希子の全盛期は、2000年~2006年ごろ
  • 周囲が猛反対した結婚を機に、表舞台から姿を消した
  • 復帰後も十分に美貌を保っている
  • 近年はバラエティ番組にも出演している

 

以上、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました