本木雅弘が妻・内田也哉子と結婚した理由はギャップ萌え!馴れ初めが感動的!

俳優

出典:シネマカフェ

 

ジャニーズ「シブがき隊」の元メンバーとして、アイドル時代は「モックン」の愛称で人気を集めていた本木雅弘さんですが、奥様はあの内田裕也さんと樹木希林さんの娘、内田也哉子さんです。

 

奥様の也哉子さんは和風美人ではありますが、いわゆる女優系のシャープな美人ではないため、一部では「なぜモックンが也哉子さんを選んだのか」と疑問に思う人もいるようです。

 

そこで、本木さんと也哉子さんの馴れ初めを調べてみたところ、本木さんが也哉子さんにギャップ萌えしていて、それが結婚の決め手になったことがわかりました。

 

しかも、本木さんは也哉子さんが19歳のときに結婚をしていますが、二人の馴れ初めが感動的だったのです。早速みていきましょう!

 

本木雅弘の妻は内田也哉子!内田裕也と樹木希林の娘!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ほぼ日(公式)/ Hobonichi(official)(@hobonichi1101)がシェアした投稿

 

まずは本木雅弘さんの妻、内田也哉子さんのプロフィールを確認しておきたいと思います。言わずもがな、内田裕也さんと樹木希林さんの娘です。

 

AKA
AKA

ロックンローラーと大女優の娘しゃんなんでちゅね

 


出典:AERA dot.

名前:内田也哉子(うちだややこ)
生年月日:1976年2月11日
出身:東京都
職業:エッセイスト、歌手、女優

 

也哉子は「ややこ」と読むんのですね。とてもユニークで素敵な、ロックンローラーらしい命名だと思いました笑。

また、本木さんの生年月日は「1965年12月21日」ですので、ちょうど「10歳差」の夫婦ということになりますね。ちなみに、子供は3人います。二男一女です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

春(@harugarden25)がシェアした投稿

 

とても迫力のある家族写真ですね。樹木希林さんは2018年、内田裕也さんは2019年に逝去していますので、今となってはもう見ることができません。残念に思います。

 

本木雅弘が内田也哉子と結婚した理由は「ギャップ萌え」!

 

この投稿をInstagramで見る

 

iwaoK55(@oimown)がシェアした投稿

 

本木雅弘さんが内田也哉子さんと結婚したのは1995年。也哉子さんが19歳のときです。

 

也哉子さんにとっては、かなり早いタイミングでの結婚ですよね。もちろん、二人の出会いはもう少し前にさかのぼります。本木さんは、也哉子さんが15歳の時に出会いました

 

本木さんがなぜ也哉子さんに恋をして、結婚したかというと、若い也哉子さんが見せる大人びた仕草にやられたからです。つまり、也哉子さんに対して「ギャップ萌え」してしまったからなんですね。

 

しかも、ここから結婚までのプロセスがとっても素敵なんです! 早速、確認してみましょう。

 

出会いは本木雅弘25歳、内田也哉子15歳のとき

出典:ゴシップリサーチ

 

二人の出会いは、本木さんが25歳の時、也哉子さんが15歳の時です。

 

本木さんは、2015年9月11日に放送された「ぴったんこカン・カン」にゲスト出演した際、出会いのきっかけについて語りました。本木さんが内田裕也さんと食事していたところに、たまたま也哉子さんが合流したことがきっかけだそうです。

 

 知り合ったきっかけについても、映画「魚からダイオキシン!!」(92年)で共演した父の内田裕也と食事した際だったと告白。たまたま、樹木から「お父さんと食事してきなさい」と言われて合流した内田(当時15歳)と初対面したのだという。

 

内田裕也さんと共演した映画の食事会で、本木さんは也哉子さんと知り合ったのですね。

 

ただ、二人が出会った当初は、本木さんは、也哉子さんに対して恋愛感情を持ちませんでした。10歳差ですし、也哉子さんは15歳ですから、当然のことかもしれません。

 

でも本木さん、也哉子さんが17歳のときには、也哉子さんのことを女性として意識していたようです。本人の弁によると「不思議な魅力を感じた」そうです。

 

AKA
AKA

なんだかんだ言って、本木しゃんも隅に置けましぇんね

 

実際、本木さんが也哉子さんに「不思議な魅力を感じた」のは、知り合った翌年に、本木さんがアカデミー賞授賞式のナレーターの仕事でアメリカに行ったときです。このとき、なんと当時留学中だった也哉子さんが通訳として同行したのです。

 

AKA
AKA

10代で通訳なんでちゅか!?

 

実は也哉子さん、小学校から都内のインターナショナルスクールに通っています。また、9歳の時には、1年間ニューヨークへホームステイしていた経歴もあるようです。それで英語が堪能なのですね。

 

ちなみに、このとき也哉子さんが留学していたのはスイスです。也哉子さんが自分で見つけてきた留学先がスイスだったんです! 母である樹木希林さんは、当時のことを次のように語っています。

 

 高校のときには、「お母さん、どこか留学していいかな」と言って、自分でスイスの学校を見つけてきた。親離れしてたからね、早い時期に。あんまり親が子供を保護しすぎるのも親離れしないんじゃないかな。

引用元:サンスポ

 

話がそれましたが、この通訳同行をきっかけに、本木さんの方から也哉子さんに対してアプローチを開始します。若いにもかかわらず、也哉子さんの仕草や佇まいが大人っぽいところに、本木さんはアンバランスで不思議な魅力を感じたそうです。

 

このアンバランスで不思議な魅力こそギャップ萌えの正体でした。

 

プロポーズの言葉が素敵すぎる!

出典:有名人の家族

 

本木さんのアプローチは予想以上に早いものでした。2019年10月13日放送の「ボクらの時代」に也哉子さんが出演した際、衝撃の事実が明らかにされています。

 

本木さんはなんと、也哉子さんと初めて一緒にデートをした時にプロポーズしたそうなんです! このとき、也哉子さんはまだ17歳。しかも、まだ交際前だったそうです! 本木さん、大胆なアプローチですね!

 

そして、そのときのプロポーズの言葉がまた、とっても素敵だと話題なんです!

 

「私には白髪のあなたが想像できるし、そういうあなたが愛おしいと思える気がする。今すぐじゃなくても、いつか結婚という選択肢が現れたとき、私もそこに入れてください」

引用元:Will you marry me?「プロポーズ」未来に残したい感動!

 

とっても素敵な言葉ですね! 一回り年下の女性に対する紳士的なプロポーズだと感じます。こんな言い回しができる男性になりたいと思ってしまいました。

 

本木さんは、このときの心境について、2016年10月11日に放送された「火曜サプライズ豪華芸能人が大集合&世界の豪邸大連発!秋の超特大4時間SP」で語っています。

 

 本木は(中略)「そのときに軽く、もし将来、結婚というのを考えるときがあったら、自分を選択肢の一つに入れといてくれという風には言っときましたけど」と照れ笑いを浮かべながら当時を振り返った。

内田と“付き合う”ということはしていなかったと語る本木は、「結婚の『け』の字も彼女の中にないときに、妄想的な話で」と前述の言葉を伝えていたという。

引用元:Music Voice

 

ちなみに、この初デートをセッティングしてくれたのは、也哉子さんの母・樹木希林さんなんです。

 

場所は、西麻布の割烹「川奈」。本木さんは、樹木希林さんから「2人でお話しておいで」と背中を押されたと、2015年9月の「ぴったんこカン・カン」で振り返っています。

 

 当時の状況について、内田の母で女優の樹木希林から「2人でお話しておいで」と背中を押され、同店の座敷で内田と向き合い、プロポーズしたことを打ち明けた。

引用元:デイリースポーツ

 

プロポーズのとき、まだ也哉子さんはスイス留学中でした。そのため、2年間は文通で恋を温めたそうです。そう聞くと、なんだかキュンときてしまいます。

 

AKA
AKA

ぼくもキュンとするでちゅ

 

そして、也哉子さんが19歳の時に二人は結婚しました。ちなみに、このとき本木さんが也哉子さんに贈った指輪の値段は「88万5000円」だったそうです。

 

どういうことかって? ちょっと自分で考えてみてください笑。ちなみに、也哉子さんは「ややこ」さんです。これはヒントですよ笑。

 

也哉子さんの方も、本木雅弘さんに対して感じるものがあったようです。なんでも、本木さんの「スバラシイような、クダラナイようなところをもっとのぞいてみたかった」から結婚をしたのだとか。エッセイストの也哉子さんらしい、素敵な表現ですね。

 

本木雅弘の妻・内田也哉子はブサイク?それとも美人?

出典:映画.com

 

そんな素敵な結婚談のある妻・内田也哉子さんですが、実はネット上に「ブサイク疑惑」があるようです。

 

調べてみた結果、その疑惑はただの誤解であることがわかったので、確認してみましょう。

 

内田也哉子はブサイクじゃない!

出典:PIKARI BOX

 

上の写真を見てもわかると思いますが、也哉子さんは全然ブサイクではありませんね!

 

もちろん美形の女優さんのようなシャープな美貌というわけではありませんから、中にはブサイクだと思う人もいるようです。

 

 

なんだか、けなしているんだか、褒めているんだかよくわからないツイート(笑)ですが、このように思う人もいるようですね。

 

とはいえ、也哉子さんは左右対称の顔をされていて整っています。和風美人です。

 

出典:ORICON NEWS

 

人によっては好みが分かれるかもしれませんが、ちょっとブサイクとは言いづらいですね。

 

実際、1997年には資生堂・プラウディアのCMに出演しています。化粧品のCMにブサイクを起用することは、まず無いでしょう。下の動画で言えば、一つ目が也哉子さんですね。

 

 

1997年のCMですから、結婚して2年くらいの時期ですね。こちらのCMを見ると、本木さんの言っていた「若いのに大人びた佇まい」という言葉の意味がわかるような気がします。

 

ブサイク疑惑の原因は樹木希林の自虐発言!?

出典:ORICON NEWS

 

では一体、なぜ也哉子さんにブサイク疑惑が浮上したのでしょうか? それは母・樹木希林さんの自虐発言に原因があったようです。

 

それは「週刊朝日」2016年5月27日号で、樹木希林さんがインタビューに対して、自身のことを「ブスの代名詞みたいな感じ」と発言したときのものです。

 

 樹木:(中略)私は美人女優の系列に一度も入ったことがなくて、ブスの代名詞みたいな感じ。だから人に見られるという感覚も一切なかった。長く役者をやるには、それが幸せだわね。55年も役者をやっちゃったけど、今となってみれば、おかげさまで上出来の人生だったなと思う。

引用元:AERA dot.

 

驚きなのが、平均視聴率31%超を記録した1974年の人気ドラマ『寺内貫太郎一家』でのエピソードです。樹木希林さんは、なんと31歳のときに70歳の役を演じていました。

 

しかも、樹木希林さんは小林亜星さんの母親役で、小林亜星さんは樹木希林さんよりも実年齢が10歳も上なんです。いくら演技とはいえ、自分より10コも上の人の母親役を演じるなんて、大変ですよね。

 

なんでも、おばあさんにしては肌がピチピチすぎたので、手袋をはめたりして雰囲気だけでも老婆に近づけたんだとか。苦労されたようです。

 

こうしたエピソードもあって、樹木希林さんは自身のことを「ブスの代名詞みたいな感じ」と表現しました。それがめぐりめぐって、娘の也哉子さんまでブス疑惑がかけられてしまった、という流れのようです。

 

本木雅弘は内田家に婿入り!夫婦仲はどうなの!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

aki(@akiko3298at)がシェアした投稿

 

素敵な求婚エピソードのある本木雅弘さんですが、その後の夫婦生活はどのようなものだったのでしょうか。

 

実は本木さん、結婚後に内田家へ婿入りしています。妻・内田也哉子さんは内田家の一人娘で、兄弟がいないため、樹木希林さんが本木さんに「内田家を残したいから婿養子になって欲しい」と頼み込んだ経緯があるのです。

 

こうして本木さんは婿入りし、本木さん夫婦は樹木希林さんと一緒に暮らすことになりました。

 

総工費7億円の豪邸!樹木希林と同居

出典:nobicom

 

結婚後、樹木希林さんと同居することになった本木さんですが、その理由は樹木希林さんの方から本木さんに「年齢の幅の広い家族は子供にいい影響を与えるから、一緒に住まないか」と提案したからだと言われています。

 

この提案を本木さんは受けて、樹木希林さんと共に都内に3階建ての二世帯住宅を新築。1階に樹木希林さん、2階に本木さんと也哉子さん夫婦が暮らすことになりました。

 

新築の総工費は、なんと7億円だそうです! 二世帯住宅とはいえ、かなりの豪邸ですね!

 

 埼玉の農家の次男だった本木は内田家の婿養子となり、二男一女の父親となるなど、夫婦仲は良好。樹木希林や家族と渋谷区内の総工費7億円の豪邸に二世帯住宅で住んでいるというから、婿養子の成功例といっていいだろう。

引用元:日刊大衆

 

ちなみに、樹木希林さんは内田裕也さんとは40年以上別居していましたので、この豪邸に内田裕也さんが住むことはありませんでした。

 

内田裕也さんにとっては、それが面白くなかったのか、真夜中にやって来ては家の外で「ファックユー、おれはどうなるんだあ!」と大声で叫び続けたこともあるそうです。

 

これでは近所迷惑になってしまいますから、ついに意を決して内田裕也さんと”対決”したんだとか。

 

 そしてついに、内田と樹木が激突する。ある夜、内田が再び新居に“襲来”。これに樹木と本木はふたりで応戦した。内田と樹木双方にインタビューしたことのあるジャーナリスト・吉田豪氏が、このときの状況を説明する。

「希林さんの“やっちまえ”の声に、本木さんがタックル。押さえこまれた裕也さんに、希林さんは鉄パイプで殴りかかって、ボコボコにしたそうです」

引用元:NEWSポストセブン

 

なんなんですか笑、この話。不謹慎かもしれませんが、おもしろいです。ロックンロールです笑。

 

ちょっとどこまで本当の話かわかりませんが、あの樹木希林さんが内田裕也さんを鉄パイプでボコボコにしているところを想像すると、笑みがこぼれてしまいます。やりそうにないとは思いつつ、でもやりそうっていうか、そのときの状況を簡単にイメージできてしまいます。

 

木村拓哉と「マスオさん同盟」

 

この投稿をInstagramで見る

 

FUKUWARAI(@fukuwarai.ltd)がシェアした投稿

 

内田家に婿入りした本木さんですが、実はかつて所属していたジャニーズ事務所の後輩にも、同じような境遇の男性アイドルがいました。それが木村拓哉さんです!

 

実は木村拓哉さん、現在は妻・工藤静香さんの両親が住む実家の隣りに自宅を建てて住んでいるそうです。そして、その自宅が建つ前はそもそも、木村さんは静香さんの実家に住んでいて「マスオさん状態」と呼ばれていました。

 

もともと妻の実家に住んでいて、ようやく自宅を建てたと思ったら、妻の実家の隣だなんて驚きですよね。「マスオさん状態」と呼ばれるのも、うなずけます。

 

しかも、木村さんの境遇が本木さんと似ていることから、二人は「マスオさん同盟」を組んでいます。ジャニーズの意外な先輩後輩関係ですよね!

 

 「(中略)大豪邸を建てる前は、工藤静香さんの実家にお世話になっていたキムタク。そして義母・樹木希林さん宅に隣接して自宅を構えたモックン。互いに妻の家族と“同居”する環境で生活する2人は、“マスオさん同盟”を組んでは交流を深めてきました。もう10年以上の仲なのです」(ワイドショー関係者)

引用元:週刊女性PRIME

 

10年以上の仲というのは長いですね! きっと、マスオさんにしかわからない苦労があるのでしょう笑。

 

AKA
AKA

マスオさんはつらいでちゅよ

 

夫婦円満の秘訣は「自分から〇〇〇〇こと」!

出典:miima

 

妻・也哉子さんが19歳の時に結婚した本木さんですが、現在まで夫婦仲は良好のようです。

 

もちろん、結婚当初は若妻ゆえ、通常の恋愛プロセスをすっ飛ばしているわけですから、お互いになかなかフィーリングが合わなかったそうです。

 

しかし、本木さんの考えでは、フィーリングというのは「自分から合わせるもの」。そうした独自の結婚観を持っているからこそ、現在まで夫婦円満でやってこれたのだと思います。

 

実際、本木さんは以前、テレビ番組で次のように発言していました。

 

 「ある程度のところをすり合わせていくもの。人間なんてもともと絶対、違う者同士なんだから、それをどういう風にお互いが許容していくかってことが夫婦のカギなんだと思いますよ」

引用元:Music Voice

 

どうやら、夫婦円満の秘訣は「自分から合わせること」のようですね。二男一女の子宝にも恵まれ、これから一層おしどり夫婦として活躍していくのではないでしょうか。

 

【関連記事】
本木雅弘さんの子供たちについても特集しています。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。ここまでの情報をおさらいしてみましょう。

 

本木雅弘の妻は内田也哉子

内田也哉子は内田裕也と樹木希林の娘

本木雅弘は妻が17歳のときにプロポーズし、19歳のときに結婚

本木雅弘のプロポーズの言葉は素敵すぎる紳士そのもの

本木雅弘の妻・内田也哉子はブサイクじゃない!

本木雅弘は内田家に婿入りしている

本木雅弘流・夫婦円満の秘訣は「自分から合わせること」!

 

以上、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました